奇数の法則 〜人間の本質シリーズ09〜

沖縄のセールスコピーライター宮城奈津子です!

本題に行く前に、前回のカクテルパーティー効果の記事についてはこちらよりご覧ください。(→カクテルパーティー効果の記事

 

さて、今回お届けする人間の本質はずばり「奇数の法則」についてです。

 

山田君
何?数学の授業?
ナツコ
違います。
会社OLバブリーさん
偶数の法則はないの?
ナツコ
ないです。

 

奇数の法則とは、マーケティングやセールスコピーに使える心理効果で、この法則を知っておくだけで、効果的なセールスが行えるようになるでしょう。

なので、ぜひあなたもこの機会に「奇数の法則」について、学んでみてください。

それではいきましょう!

 

奇数の法則とは?

では、奇数の法則とはいったい何なのか。

奇数の法則とは、

『偶数より奇数の方が、人間にとって自然で心地よく感じる傾向がある』

というものです。

 

山田君
え!そんなのわかんないじゃないですか!
会社OLバブリーさん
私も8が好きよ。
ナツコ
まぁまぁ、ここはデータで示めそうじゃないか。

 

この奇数の法則の話をすると、なぜ奇数なのか?が気になる人も多いかと思います。

これは、人間心理にもあるのですが、偶数は割り切れる数字であるために、人工的に手が加えられていて、不自然だと感じ、奇数は割り切れない数字のため、手が加えられていない状態、つまり自然の状態と感じるのだそうです。

 

山田君
偶数=整っているから不自然で…
会社OLバブリーさん
奇数=整っていないから自然ってことね。
ナツコ
これは無意識の領域なので、面白いですよね。

 

 

このように、人は偶数には「作られた数字」と認識されてしまい、信憑性が低く感じるのだそうです。

逆に奇数は、自然な形であり、「作られていない自然の数字」と認識され、信憑性が高くなるわけですね。

 

人は無意識レベルで奇数に反応する

広告の父とも呼ばれたデイビッド・オグルヴィーは、ヘッドラインの部分で数字を入れることを推奨しています。

それは、人が無意識レベルで、奇数に効果的な反応をすることを知っているからなんですね。

 

山田君
え!無意識に奇数に反応するの!
会社OLバブリーさん
不思議だわ。

 

例えば以下の文を見てみてください。

 

  • ヘッドラインの効果を高める4つの方法
  • ヘッドラインの効果を高める5つの方法

 

上記の文章では、どちらのほうがしっくりきますか?

おそらく、多くの方が「5の方法」の方ががしっくりくると思います。

 

  • ダイエットプログラムで20キロ痩せました!
  • ダイエットプログラムで19キロ痩せました!

 

この結果を見ても、やはり奇数の方が自然で信憑性が高く感じますよね。

 

整っている数字や、割り切れる数字というのは、無意識的に「不自然」と感じる傾向があり、奇数だと無意識的に「自然」と感じられ、受け入れやすい傾向にあるわけです。

実際に、Conductor社の調査によれば、ヘッドラインに数字を入れるだけで、なんと36%もクリック率が増えたというデータを出しています。

 

出典:https://backlinko.com/hub/content/viral

 

さらに、ヘッドラインの数位は、奇数の方が、偶数よりも20%もクリック率が高かったと示しています。

 

このことからも、やはり奇数の法則は人間の本質と言ってもいいでしょう。

 

山田君
とにかく、困ったら3つの方法とか、5つの方法とか、7つの方法を出せばいいんですね!
ナツコ
そゆこと!難しく考えない!

 

よく考えれば、結構あるんですよね。

全世界で売れている「7つの習慣」が、もし「8つの習慣」だったら売れてないでしょう。

「101匹わんちゃん」も「100匹わんちゃん」だと売れてないでしょう。

 

会社OLバブリーさん
そうね。101回目のプロポーズも、101回目だから響くのよね。
山田君
なんすかそれ。
ナツコ
ジェネレーションギャップ。

 

ということで、あらゆる広告物やブログのタイトル、メルマガのタイトルに、数字を入れることは非常に効果があります。

 

その中でも、奇数の法則を利用して、できる限り「3.5.7」のような奇数を入れることで、さらに効果の高い広告を作ることができるようになります。

 

これは、本当に無意識の領域なので、ぜひあなたも試してみてくださいね?

 

それでは、今回はこのへんで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA