お金が先か?努力が先か?忍び寄る時代の変化。

知念サトルです!

始めにお伝えしておきますが、今回のブログはセールスライティングのスキルについてではありません。もしセールススキルがお目当ての方は、別の記事をご覧いただけると嬉しいです。

ただ、今回の記事は、働く全ての人に通じるので、この記事を読めば、あなたの働き方の考えが変わるかもしれません。

宜しければ、このまま読み進めてください。

 

サトル
個人事業主になって、ふと思うんですが、仕事に対してハングリーさが増したなぁって思うんです。

会社OLバブリーさん
会社員時代はちゃんとやってなかったの?笑

サトル
してましたよ(笑)でも、仕事に対しての意識そのものが変わったなって思って。

 

あなたはどのような意識で仕事をされているのでしょうか?

もちろん、あなたの仕事に対する意識を否定するつもりはありません。

ですが、今後やってくる時代の変化に対して、いまのうちに意識を変える、備えた方が良いかもしれませんよ?!それでは、いきましょう!

 

お金が先か?努力が先か?

 

お金が先か?努力が先か?という質問について、あなたはどのようにお考えですか?

 

ナツコ
そりゃ努力しないとお金は入らないっしょ?

山田君
一択じゃね?

個人事業主の方はこのように返事するかと思います。個人の努力なしでは、価値もお金も生み出すことができないことを知っていますからね。

 

でも、でも、ですよ?

 

会社員時代を思い返すと、努力をしなくてもお金って実は貰えるんです。

会社員の方ってほとんどが自分の成績や功績に関わらず、決まった安定した給料を貰うことができますよね?(営業職とかは別だと思います。)

 

それが固定給ってやつですね。

さらに会社によっては、歳を重ねるごとの年齢給が上がり、貰えるお金が増えていきます。(微増だとは思いますが。)

 

つまり、努力しなくても最低限のお金を貰うことは現実的には可能なんです。

 

しかも日本は終身雇用制度なので、余程のミスをしなければクビになりません。

さらに、健康保険料や年金などの税金は会社が納めてくれます。

一方、個人事業主は、自ら収支を把握して確定申告をしなければなりません。

 

山田君
今年もこの時期がやってくるのかぁーーーーー。

ナツコ
やらなきゃ損だからやるっきゃない。

 

(もちろん会社員の中でも、会社での自分の存在価値や自身の出世、または家族のために、頑張っている方がいることを知っていますよ。)

税金は会社が差し引いてくれ、頑張らなくても給料の上がる会社員という仕組み。

素晴らしきかな!会社員!

といったところです。w

ですが、組織が個人を手厚く守ってくれている現代社会について、最近雲行きが怪しくなってきたぞっと個人的に思うのです。

 

忍び寄る時代の変化】

 

会社員のあなたは、同一労働同一賃金という施策をご存知ですか?

すごくザックリ説明をすると、契約社員や嘱託社員などと正社員との待遇や賃金格差を無くしましょう!という話です。同じ働きなら同じ給料であるべきじゃない?ってことです。

 

サトル
詳しくは自分でググってくださいね。

会社OLバブリーさん
不親切!

サトル
学びの場を提供しているだけです。w

ナツコ
根っこのドSが出てきてるよー。笑

 

すでに20204月から始まっていますが、企業の取り組みによって、正社員も契約社員とパートの方と同じ給料にしよう!ともできるのです。だって契約社員と同じ生産性なら、そっち(給料の低い方)に合わせた方が企業としてはありがたいですよね。

(この評価比較をどのようにするかという問題はありますが。 )

 

最悪、正社員だからボーナスが確約されている時代も終わりを迎えるかもしれません。

 

ほかにも、今回の新型コロナウィルスで多くの企業の利益が減ったことは皆さんもご存知の通りだと思います。

そのような背景から大企業の副業OK(ソフトバンクなど)や週休3日制の導入(ユニクロなど)が新しい働き方というものが、より推進されるようになりました。

ここで何が言いたいかというと、

企業にとって一番着手したい人件費を削減しつつ、より有能な人材を重宝したい。

という、『実力主義の時代がやって来る。』ということです。

 

会社OLバブリーさん
個人事業主に関しては、日常茶飯事ね。

サトル
たくましい人ホント多いですよねー。

ナツコ
そうでもないと生き残れないからね。

山田君
おぉ!アネさん達!背中がデカいっす!

 

しかも、少子化もさらに進み、有能な人材の数も自然と減っていきます。

そこで、企業は考えるわけです。

1人雇って、年間何百万も払うよりは、プロに外注して何万払う方が効率が良いかもしれない、と。(正直だって新人に払った分以上の貢献するかなんてわからないしーってね。)

 

きっとこれからは、ボクら商品の価値を伝え、売ることに貢献できるセールスコピーライターの価値は上がっていくことでしょう。

ここで伝えたいのは、なにも個人事業主が良いよって話ではありません。(覚悟も行動力も必要になるので生半可な気持ちでは絶対成功しません。)

 

始めにお伝えした通り、会社員には、会社員にしかない組織の強みがあります。

ただ、お伝えしておきたいのは、これから先の未来で企業や会社が存続の岐路に立たされた時、あなたの価値はどうでしょう?

これから先、あなたは何年、あるいは何十年働かなければならないのでしょう?

あなたの上司は、「自分が辞めるまでは大丈夫そうかな?」って頭の中でそろばんを弾いているかもしれません。

 

山田君
いまの一言ゾッとした。。

 

あのとき努力しとけばよかったって思っても時間が戻るはずなんてないし、誰かが助けてくれる確約もありません。

現状は努力をしなくてもお金をもらうことは可能ですが、今後は間違いなく努力している人に正当な給料を払うような世の中に進んでいきます。(ある意味当然ですね。)

 

ピンチに立たされた時でも、「自分にはこの価値(能力)があるから自分も家族も心配ない!」と胸を張れるような人材になりたくないですか?

 

すぐには実を結ばない努力も、きっと誰かが見ているし、その努力が時間差で実を結ぶことだってあります。

 

何かを手に入れたいのなら、「やはり努力が先」なんだと僕は思うのです。

もし、どれだけ努力を続けても、成果が出ない、評価されない。

そんなときは、きっとあなたの輝く場所は他にあるのだと思います。

 

正直、予測不可能な時代で大変な時代だなーと思わなくもないですが、それでも生きていくしかないので、自分自身で自分の人生をコントロールできるように一緒に頑張っていきましょうね。

もし、今回の記事が、あなたの働く意識をより良いものになったのなら嬉しいです。

 

【反省会】

サトル
いかがだったでしょうか?

会社OLバブリーさん
前回の記事の反省会で逃げた男だとは思えないわw

サトル
それは言わないでくださいよ!今日カッコつけてるんですから!w

ナツコ
でも、頑張った人がちゃんと報われる時代が来てくれるといいね。

山田君
燃えてキタァーーー!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA