ビジネスに必要な能力~逆算脳について~

沖縄でセールスコピーを書いている知念サトルです!

さっそくですが、最近悩んでいます!!

 

会社OLバブリーさん
プライベートでなにか嫌なことでもあったのかしら?

サトル
それはそれ!これはこれ!プロですから切り替えてやっています。きっと。。

山田君
ブログも調子いいし、この前のセミナーも成功して悔しいけど順調だろ?

ナツコ
サトルの記事のおかげもあって県内だけじゃなくて県外からも、ちょこちょこナツコカンパニーにセールスコピー学びたいって連絡もきてるのに?

 

そうなんです!

もしかすると周りからすれば、、

営業職から転職して1年ちょっとでセールスライターとしてみなさんに役に立つ情報を発信できていて、その知識の積み重ねが弊社のセミナー講師として依頼されるようになり順調に思えるんです。

 

ありがたいことに元同僚や友人からはスゴい!とかめっちゃ頑張っている!とかちょっとだけチヤホヤだってされています。

ですが、セールスライターとしての能力が身についてると感じている反面、ある能力のアップがビジネスにおいてとても重要だと最近強く思うんです。(もはやこの能力が人生を左右するのでは?)

 

その能力は、どなたにもどんなビジネスにも当てはまることなのでぜひ続きをご覧ください。

それでは、いきましょう!

 

ビジネスに必要な能力~逆算脳について~

 

あなたは、逆算を知っていますか?

 

会社OLバブリーさん
読者を代表するわ!バカにすんじゃないわよっ!

 

では、あなたは逆算して生きていますか?ビジネスを展開できていますか?

 

山田君
ムムっ!いまある仕事をこなすので精一杯かも(汗)

 

ほとんどの人が自分の抱えている仕事や生活においていっぱいいっぱいで、なかなか人生や仕事において逆算して考えることはないと思います。

それだけ1日は短く、

そして人生はあっという間かもしれません。(まだ28歳ですが語ってみましたw)

 

ナツコ
みんなこの頃(11月)になると、もう1年が終わるって言い出すもんねぇ。

 

せっかくのあなたの一度っきりの人生を豊かにするために、あなたのビジネスをしっかりマネタイズしましょう。

そのためには、逆算をする必要があるのです。

例えば、セールスライターの仕事は、クライアントが持つ価値を伝える仕事です。

その価値を伝えるために、理想のお客さんがどこにいるのかリサーチして、そのお客さんが反応するメディアを見つけてあげて、反応するようなメッセージとして商品やサービスの価値を伝えてあげる仕事です。

だから価値を伝えるためならアニメだって正解です。

 

サトル
実際にナツコさんはアニメ作りましたよね?

ナツコ
えっへん!

 

ですが、セールスライターの仕事をしたいのなら、私はセールスライターをしているよ!と世の中に見つけて貰わないといけません。(セールスライターに関わらず全ての仕事に言えますよね?)

 

企業であれば、広告費をかけて知ってもらうということもできると思いますが、フリーランスや個人事業主であれば、より効率的にお金が生まれるサイクルを作なければなりません。

 

つまり、自身のビジネスがマネタイズできる最適なターゲットを考える必要があります。

 

  • 商品作りだけに精一杯になっていませんか?(そもそも誰の悩みや問題を解決できると考えて作られた商品でしょう?)
  • HPを作って満足していませんか?(そのHPは誰に一番響くHPでターゲットが明確ですか?)
  • 日々の仕事でいっぱいいっぱいになってませんか?(ご自身のなりたい未来や理想の将来はありますか?)

 

ぜひ一度、あなたの扱っている商品やサービスが、本当に求められているお客さんとマッチングできているか検討されてみてはいかがでしょうか?

ぜひ一度、あなたの人生の逆算をしてみてはいかがでしょうか?

 

もしかしたら、あなたが持っている価値をさらに求めているお客さんを見つけることができれば、あなたの生活をもっと豊かなものにしてくれるかもしれません。

どちらかを選べという話ではなく、いまあなたを支えてくれているお客さんや生活を大切にしながら、他にないかな?という逆算する思考を常にもつと、さらに必要な能力や新しい生き方が浮かび上がるかもしれません。

 

山田君
たった1度の人生だもんなぁぁぁぁぁぁ。
ナツコ
いい人生だったって思いたいよね。

 

では、実際に逆算して考えてみたいと思います。

 

  • あなたの商品を求めている人はどんな人ですか?

セールスライターで言えば、商品の価値を知っている人で、その価値を伝えようと思っているけど悩んでいる人ですかね。かつ、コピーライティングの価値を知っている人です。

さらに深堀りして、逆算してみます。

 

  • じゃあ商品の価値を知っていて、その価値が伝わらず一番悩んでいる人って誰でしょう?

きっとそれは社長さんです。

なぜなら社長は、自分の商品を惚れ込んでいるし、それが世のためになると信じています。だからこそ、どうにかその価値をもっと広げられないかと多くの経営者は考えるはずです。

あなたの身に付けた知識や経験は誰かの役に立つはずのサービスなのに、それを売る相手をしっかり考えなければ、宝の持ち腐れとなったり、安売りをしてしまっている状況が生まれているかもしれません。

たとえば、「じゃあ1万円でとりあえずチラシ作ってもらっていい?」ってコピーの価値を知らない企業からの依頼を僕は受けたくないんですよね。

それだったら、成功報酬でタダで作るので、チラシから入会したお客さんの年会費から10%を僕にください。とお願いしたほうがマシです。

なぜなら価値を伝えるセールスライターの仕事は、企業にとってたくさんの利益をもたらすことを知っているからです。

しかも法人との取引となれば、報酬だって個人から頂く金額とは比べものになりません。

 

山田君
勇気もらえる。

会社OLバブリーさん
最初は自信ないから、安売りしたくなるのよね。。

 

ちなみに、逆算した結果、

セールスコピーの価値を知っていて、求めているのは社長!という答えに辿り着いた(いま時点はね。)ので、社長の悩みに寄り添えるように「経営」について勉強しようと思いました!

具体的にいうと、コンサルティングできる能力ですね。

社長の悩みに共感できる経営の知識があって、その問題を解決できる策をもっていて、さらに惚れ込んでいる商品の価値を社長が描いている理想のお客さんに伝えることができる。

 

サトル
経営コンサル×セールスライターなんて、めちゃくちゃ最強そうじゃないですか!!(語彙力w)

 

そんなワクワクを掴みにいきたいと思います。

今後は経営(社長さん目線)を踏まえたコピーの魅力やお役に立つ情報や知識をお届けできると思うので、そちらも合わせてナツコカンパニーで僕が書く記事を楽しみにしていてください。

 

あなたの人生やビジネスを振り返ってみたり、立ち止まることで、手に入れた未来やなりたい姿から逆算してあげると新しい発見があるかもしれません。

ときには立ち止まることはきっと悪いことじゃないですよ?

それでは、今日はここらへんで!

ありがとうございました!

 

【反省会】

サトル
いかがだったでしょうか?

ナツコ
いい商品を届けるだけじゃなくて、1番求められる人とマッチングできているかって考えることは重要だねぇ。

会社OLバブリーさん
てか、悩みってなんだったの?笑

サトル
このブログでアウトプットできたおかげで次の行動が決まりました!自己解決(笑)

山田君
誰かオレとマッチングして~~~(切実)
会社OLバブリーさん
勝手な若者たちめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA