セミナー講師を初めて務めて得たものとは?

沖縄でセールスコピーを書いている知念サトルです!

以前のブログで、弊社でセミナー講師を初めて務めさせて頂くということをお伝えしましたが、そのセミナーが無事に終わりました!

 

サトル
無事に終わってよかったぁ〜〜。

ナツコ
本当にお疲れ様でした。

 

ちなみにそのセミナー内容というと、

『スポーツビジネスのための集客メディアの作り方』

簡単に内容をお伝えすると、

現在ネットを通して何か情報を得るのが当たり前になってきている中、オウンドメディア(自社が所有するときのメディア)を作りましょう!

オウンドメディアの肝であるブログをたくさん作成して、ネット上にあなたの商品やサービスに関わる情報をたくさん載せることでお客さんに見つけてもらいましょう!

その結果、お客さん自身からあなたの商品やサービスが欲しいと思い、問い合わせが来るようにメディア戦略として仕組み作りをして売上に繋げましょう!

そのために必要な具体的なブログの書き方や気をつけるポイントをセミナーではお伝えさせて頂きました。

 

山田君
ブログ最強説ってやつだ!
ナツコ
セミナーを主宰したサンビリーフなんて営業マンいないからね。ほぼブログを通して集客できちゃうから費用対効果ハンパないよ。

 

そこで今回は、セミナーが終えて感じたこと、得たものをお伝えしたいと思います。

 

会社OLバブリーさん
需要ある??
サトル
でたっ!需要に厳しいバブリーさん!

 

挑戦を続けているあなたへ。

何かに挑戦をはじめたばかりのあなたへ。

なかなか一歩を踏み出せずにいるあなたへ。

 

今回は、そんなあなたに向けて書きたいと思います。

それではいきましょう!

 

【セミナーを終えての感想】

 

セミナーの出来をお伝えした方がこのあとの話が入ってきやすいので先にお伝えしますね。

セミナーの結果は、多くの方に喜んで頂き、大成功でした! (自分で言うなw)

 

山田君
完璧だったって聞いたよ!それ俺焦っちゃうからヤメて!

ナツコ
人前に出たくない私からすると、セミナーでもセールスコピーの魅力を伝えられる人間が出てきたので安心しております。

 

自分で言うのもですが、初めてのセミナー講師、そして約3時間という長時間の上に慣れないZoomでのオンラインセミナーでしたが、言葉が止まることなく内容を持て余すことなく伝えることができたんです。

 

でもそれって、僕の中では驚くような結果ではありませんでした。(イヤなヤツに感じたらすみません。)

むしろさらに言えば、当然の結果とすらも言えたかもしれません。(もっとイヤなヤツに感じたらすみません。2度目w)

 

なぜなら、それだけ準備に時間をかけたからです。

 

レジュメを読み上げることだけでなく、補足したい内容を何度も何度も口に出しながら練習しましたし、実際に一度通しの練習もして時間配分も頭に入れていました。

喋りのスピード、目線、お客さんからの見え方など、準備を入念にしていなかったら気づけなかったこと、やらないとわからないことが数多くありました。

 

ここでお伝えしたいことは、準備量が自信を持たせてくれた。ということです。

 

練習は裏切らない。とスポーツでよく言われますが、ビジネスの世界でも同じだなと感じました。

 

これまでセミナーを受けられたことがある方は、講師に対して、「自分には出来ないだろうなぁー。」とか「あんなに言葉スラスラ出てきて凄いなぁー」と感じたことがある方もいらっしゃると思います。

あるいは、「あの人は天才だから自分はあの人のようにはなれない。」とか「あの人だから出来たんだよ!」と感じたことを一度はあると思います。

 

山田君
たしかに、、、ある。
会社OLバブリーさん
誰かに言われたわけでもないのに、自分で諦めをつけることってあるわよね。

 

実際に僕がセミナー講師を務めて感じたことは、いま凄い!と思われてきている人も、たくさんの準備と経験を積んだ結果が、誰かが憧れたくなるような姿があるんだ!と改めて感じました。

 

もし、あなたがセミナーや失敗のできない何かに挑戦しているときは、成功するか失敗するかはやってみなければわからないけど、「できると思うんだよね。」という根拠のない自信をもって誰かに伝えて欲しいと思います。

 

心の中だけでなく、誰かに声にして言えるということは、きっとあなたがそれだけの準備を重ねてきた証だと思います。

入念に準備が整うと、不思議なもので、セミナーや失敗のできない何かに挑戦したあとの自分は、どんな自分になれているのか?という気持ちになり自分自身にワクワクしてきます。

 

挑戦を楽しめるようになります。(変態の領域かもしれませんが、みなさんにもそうなって頂きたい。w)

 

実際にセミナーの主催であるサンビリーフ代表の宮城 哲郎さんにセミナー前夜に心境を聞かれたときの僕の返信の一部を抜粋した内容がこちらです。

 

包み隠さずに心境をお伝えすると、

あまり緊張しないタイプなんですが流石に緊張するのかなー?とか、

哲郎さんからたくさん準備を頂けたので、喋れる気がするけれど3時間近くも話したことないからどうなんだろう?

って客観的に自分がどうなるか少し楽しみな部分があります。

 

サトル
どうでしょう?あえて自分でハードルをあげる変態でしょ?w

会社OLバブリーさん
あんた、よく言えたわね。

 

自分自身で自分への期待を伝えてあげることで、その発言に矛盾が起きないよう人間の心理として、行動や発言がコミットされることを僕は知っているのです。

ぜひみなさんもご自身への期待を口に出して伝えて欲しいと思います。

口に出すことによって、手に入れたい未来に向かって、人間は行動や発言が変わっていきます。

 

【未体験→経験済み。0を1に変えることは凄く大変なこと】

 

最後に、未体験だったことを経験済みにすること。0が1に変わるときは、物凄いエネルギーを人は使います。

変化しないようにと体の細胞が留まろうとするので、体調に変化が出る場合もあります。(ちなみに僕もそうで扁桃腺が腫れて熱が出るタイプです。扁桃腺を摘出しようか真剣に検討中。)

 

成長や挑戦するときは、どこかで0を1にする作業が多いはずです。

 

そして、1ができるようになったと思ったら、またすぐ目の前に壁が立ち塞がることもあると思います。自分のなりたい未来や憧れているあの人は、もっとずっと先で活躍しているのに、まだそこに辿り着けけずに、つまずいている自分に焦りや不安を抱くこともあるかもしれません。

 

ですが、この感情はあなたが成長や挑戦しようとしなければ感じることのなかったはずの感情です。

 

ローマは1日にして成らず。

 

大事業は、長い間の努力なしには完成されないという例えですが、地道な努力を継続的に続けられる人間が成功を手に入れることができるのではないでしょうか。

ぜひ、「できると思うんだよね」と思えるほどの万全な準備をして、その根拠のない自信を「できた!」という結果に変えて、どんどん自信と結果を積み重ねて、あなたの欲しい未来、叶えたい夢、好きなことで生きていく。

そんな人生を掴んでほしいと思います。一緒に頑張りましょう。

それでは、今日はここらへんで!ありがとうございました!

 

【反省会】

サトル
いかがだったでしょうか?ちょっとアツくなっちゃいました。照

ナツコ
よかったよ!サトルの本音が見えて響く人も多いんじゃないかな?

会社OLバブリーさん
ワタシも年齢に関係なく学ぶ姿勢を忘れちゃダメって教わったわ。
山田君
ついに認めてやるか。俺のライバルってことをな。

サトル
あっすみません。僕のライバルはいつだって自分って決めてます(笑)

山田君
恥ずいじゃん!中二病っぽい感じで言っちゃったよ!
ナツコ
こんなナツコカンパニーですが、今後ともよろしくお願いします(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA