挑戦を成功に繋げるための仕事術

沖縄でセールスコピーを書いている知念サトルです!

サトル
センパイ!ドキドキしています!

山田君
どうした後輩!

 

実は、弊社でセミナー講師を務めることが決まりました!

 

いまは、そのセミナーに向けて準備や対策を練っています。

そこで必要に感じたことは、普段の仕事のさばき方やココロの対策まで必要ということです!

今回は、ボクのいまの気持ちや挑戦を成功に繋げるための仕事術をお伝えしたいと思います。

 

会社OLバブリーさん
それ需要ある?

サトル
そんなヒドい!!でもセールスコピーライターですから、感情論だけでなく人間心理に基づいたテクニックを、ちゃんとご紹介してしんぜよう。

ナツコ
しんぜようって、そわそわしてキャラ変わってるやんw

 

それでは、いきましょう!

 

【ココロと時間に余白を作る】

 

まずはココロと時間に余白を作るようにしましょう!

 

山田君
その前にどんなセミナーすんの?

会社OLバブリーさん
確かに、気になるわね。

サトル
内容を伝えた方が、このあとの説明が入りやすいので教えてしんぜよう。

 

『スポーツビジネスのための集客メディアの作り方』

というセミナーを【スポーツを通した持続可能な社会を実現する】ことを理念で掲げている弊社の運営会社【株式会社サンビリーフ】主催のもと、開催させていただきます。

山田君
あれ?ナツコカンパニーってサンビリーフって会社だったの?

ナツコ
うん。個人で管理できないほど大きな会社から依頼がきたときに、事業統合した。

会社OLバブリーさん
ビビりw

 

サンビリーフのことをもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

https://sunbelief.co.jp/

 

もう少しだけ内容をお伝えすると、オウンドメディア(自社が所有するときのメディア)をもつことで、お客さん自身があなたの商品やサービスに興味を抱き、お客さんが自らWEBページを検索したくなるような仕組みを作りましょう!ということです。

もっとわかりやすーく言うと、あなたが寝ている間に集客してくれる営業マンを育てる方法をセミナーではお伝えいたします。

今回の記事から脱線しちゃうので詳しくセミナーの内容を確認したい人はこちらをご覧ください。(※もちろん、参加希望の方はぜひ下記リンクお申し込みを!)

スポーツビジネスのための集客メディアの作り方

 

ということで本題に戻りましょう!

 

まずはココロと時間に余白を作るようにしましょう!←2度目w

新しいことをするということは、単純に考えてそれに向けて時間が必要になると言うことです。←当たり前かw

セミナー以外にも通常の業務があるので、セミナーに向けて「どう時間を確保するか工夫しないといけない」ということです。

僕が所属するサンビスカス沖縄というスポーツクラブでは、こどもたちに体育指導を教える時間やサッカースクールもあるため、指導するために現場に出なければなりません。

 

会社OLバブリーさん
セールスコピーライターにスポーツにって幅がすごいじゃない。

ナツコ
クリエイターにスポーツマンという昔じゃ考えられない働き方だよねー。

 

サトル
個人事業主ですし、「複業」の時代です!

山田君
えっ?ちょっと尊敬しちゃったよ!

 

現場の指導の他にも、サンビスカスとナツコカンパニーで毎週2000字のブログ投稿にSNSの毎日投稿や月一度のニュースレター作成など、サンビスカス沖縄ではマーケティング担当としての仕事もあるんですよね。(自慢がしたいわけじゃありません。笑)

つまり、この通常業務以外にセミナーの準備時間を作らなければならないわけです。

ここでオススメしたいのは、

 

「1日ガッツリ時間を取って慣れている作業を潰しましょう!」

 

ということです。

なぜなら、はじめてのセミナーや慣れていない仕事には、どのくらい時間が取られるのか。どのくらい時間を確保しないといけないのか。という予測が立てにくいからです!

そうこうしているうちに、時間があっという間に経ち、毎週のタスクであるブログに追われ、セミナー準備もブログの質も落ちてしまう悪循環に陥ってしまいます。

その点、いつもこなしている作業はどのくらい時間が必要なのか把握しているので、仕事に対する時間の管理がしやすいですよね。

 

もし可能であれば、ストレスのかかるはじめての仕事を抱えている場合は、慣れている作業を潰して時間とココロの余裕がもてる余白を作ることをオススメします!

 

ちなみに、この記事を作成するまでに、2000字のサンビスカスのブログを3本、ナツコカンパニーのブログを3本(この記事も含む)終わらせてセミナーの準備に集中できる環境を作りあげています。(自慢がしたいわけじゃありません。)←2度目w

 

【挑戦したときに発生する副産物を利用する!】

 

経験のないはじめてのことは誰だって緊張すると思います。

ナツコ
人前でセミナーとかホント無理だからホントにリスペクト。。

会社OLバブリーさん
あんたはキングオブ人見知りだもんね。

 

挑戦をしようとしたとき、不安や緊張など、さまざまな負の感情がある中、成功者は、「挑戦をしろ!」「とりあえずやってみろ。じゃないとわからないことがたくさんある。」と言ってきます。←文句じゃありませんよ。

 

それは、成功者は知識、感覚、経験から、ある人間心理が働くことを知っているからです。

それは、ツァイガルニック効果というものです。

 

 

ツァイガルニック効果とは、人間は達成できなかった物事や、中断・停滞している物事に対して、より強い記憶や印象を持ち完璧にしたいという人間心理のことです。

つまり、成功者だって失敗は怖い。でも一度挑戦すると、そのままでは満足できずに次に向けてブラッシュアップしようとする心理が働くということです。

 

「挑戦をしろ!」「とりあえずやってみろ。じゃないとわからないことがたくさんある。」と言うのは、一度踏み込みさえすれば、完璧にしたいという感情が働き、「1回目よりも、次の自分に期待ができる。」「1回目よりも次の自分にワクワクできる。」そんな前向きな気持ちになれるからです。

 

はじめてのセミナーに向けて、緊張や不安はたくさん抱えていますが、セールスコピーで学んだツァイガルニック効果を利用して頑張ってみたいと思います。

はじめてのセミナーは、未知なものなので怖いこともありますが、手に入れたい未来に向かって、少し勇気をだして頑張ってみたいと思います。

 

もし、あなたがやりたいことや挑戦したいことを抱いていて、一歩踏み出すことができずにいれば、ツァイガルニック効果を利用して挑戦したときの副産物を信じて頑張ってみてはいかがでしょうか?

 

ナツコカンパニーは、挑戦しようとするあなたの活動を応援しています。

それでは、今日はここらへんで!

ありがとうございました!

 

【反省会】

サトル
いかがだったでしょうか?
ナツコ
頑張れー!きっとサトルなら大丈夫!
会社OLバブリーさん
失敗しても生きていればなんとかなるわっ!
山田君
オレが危機感を抱かない程度に頑張ってほしい!
サトル
いろんな励ましありがとうございます!セミナーを終えての感想もよければシェアしますね。頑張ります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA