勉強しても成果が出ない人の共通点とは?

13525405 - one caucasian young teenager silhouette boy or girl studying with computer computing laptop tired sad despair in studio cut out isolated on white background

沖縄のセールスコピーライター宮城奈津子です。

さて、今回のテーマは、勉強しても成果が出ない人の共通点について!

 

ナツコ
実は勉強しても成果がでないっていう人は結構多いんですよね。
会社OLバブリーさん
いわゆるノウハウコレクターってやつね。

 

ノウハウコレクターとは、「いい話」ばかりを聞きつけて、多くの教材や、セミナー、勉強会に参加しまくって、ノウハウばかりを持つ人のことを言います。

 

もちろん、ノウハウコレクターが悪いというわけではありません。

勉強熱心だということは、それだけビジネスを成功させたいという意欲があるわけですからね。否定はしません。

 

ただ、勉強ばかりしていてもダメなんです。

 

 

勉強だけでは成果がでない理由

 

あなたは不思議に思ったことはありませんか?

一緒のセミナーに参加したはずの人が、同じように講義を聞いて、同じようにノートにメモしている。

それなのに、一方はすぐに売上が出たと話し、もう一方は成果を出すことができない。

 

これは、セミナーでもよくあることなんですが。

なぜこんなことが起こってしまうのでしょうか?

 

山田君
これは才能があるかないか・・・でしょう!

 

会社OLバブリーさん
やっぱりこれまでの経験とかじゃない?

 

ナツコ
いや、どちらも違います。才能や経験に関係なく、成果を出すことはできるんです!

 

これまでに多くのセミナーを開催する中で、本当にたくさんの経営者と関わることが増えました。

そんな中、すぐに成果を出す人と、なかなか成果が出せない人、両方の方とお話しする機会があり、そこでわかったんです。はっきりと。

 

それは、学んだことを「行動」に移しているかどうか?で、成果が変わってくるんだということを。

 

 

行動に移して初めてスタート

 

もしもあなたが、車の運転免許を取得するなら。

ただ、教材で運転の仕方を習ったり、教官の講義を聞いて

「ほ〜そうか。車の運転ってなんだか簡単そうだな」なんて思いますよね。

 

でも、その教材や、講義を聞いたからといって、あなたの運転スキルが上がるか?といったら

そうではありませんよね。

 

車を運転するという、実技『行動』を起こして初めて、あなたの運転スキルアップがスタートするのです。

 

山田君
なるほど!スポーツでも同じですね。

 

ナツコ
そう。いくらシュートフォームを教材で学んでも、シュート打たないと上手くならないでしょ?

 

今までよりも、より多くの知識が欲しくて、教材を買ったり、セミナーや勉強会に参加する。

でも、それを行動に移さなければ、「何も学んでいない人と一緒」になるんですよね。

 

せっかく、誰よりも知識があるはずなのに、それを行動に移さなければゼロと同じなんです。

それでは成果ももちろん出ませんし、なにより得た知識や学んだ時間がもったいないですよね。

 

あなたの知識は十分ある

 

ノウハウコレクターに多いのは「私はまだまだ勉強不足だから・・・」という人。

勉強不足と言っても、あなたのお客さん候補に比べると、あなたにはたくさんの知識があるはずです。

その知識の差に、価値を感じて、お客さんは対価を払ってくれます。

 

あなたの知識はすでに十分にあります。

 

なので、次はそれを実際に行動に移していきましょう。

 

今までと同じことをしていたのでは、あなたに変化はありません。

もし、どんどん成果をだして行きたいと思っているのであれば、今までとは違う行動をしなくては変わらないのです。

 

そして、あなたが何かを学ぶたびに

「今日学んだことを生かすには、今の自分の行動をどう変えるか?」について考えることが大事です。

 

そうすれば、あなたの行動が変わりますし、結果も変わってきます。

特に、より早く結果が欲しい人は、まずは行動です!

 

行動!行動!行動!勉強!行動!行動!行動!勉強!行動!

 

ぜひ、試してみてくださいね?

 

●ナツコカンパニーの無料メルマガ
「セールスライター養成塾」の登録はこちらから↓

今すぐ購読する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA