インターネットで売り上げを上げるたった2つの方法

沖縄のセールスコピーライター宮城奈津子です!

さて、今回はインターネットで売り上げをあげるたった2つの方法についてお話します。

 

会社OLバブリーさん
インターネットで売り上げをあげるのにたった2つしかないってこと?

 

ナツコ
そうです!嘘じゃありませんよ。笑

 

インターネットで売り上げをあげる方法っていくつもあるように思えますよね。

でも、大きく分けるとたったの2つしかないんです。言われてみれば・・・って感じだと思いますよ?

インターネットで売り上げをあげるためには・・・

 

1、アクセスを集める

2、成約率を高める

 

ナツコ
以上!このふたーつ!!

 

山田君
えーーーーー!!!

 

いやほんと、この2つだけなんですよね。笑

でも、言われてみればそうだな〜と思いませんか?

インターネットにどれだけアクセスを集めるか。そして、その集まったアクセスに対して、どれだけ売れるか。

これを店舗で例えると。

 

1、どれだけお客さんを来店させて

2、どれだけ商品を買わせるか。

 

商売ってこれしかありませんよね。

あなたの頭の中をシンプルにしたくて、この2つにしました。

 

なので、インターネットで商品が売れないな〜と感じているそこのあなた!!

この2つを改善するだけでインターネットでの売り上げは確実に上がりますよってことです。

 

山田君
それはめちゃくちゃシンプルですけど・・・。具体的な方法とかは?

 

ナツコ
まぁまぁ焦らずに!ちゃんと解説しますから。

 

アクセスを集める方法

 

では、まず最初にアクセスを集める方法について!

アクセスを集めるものというのは、もちろんあなたのウェブサイトやホームページ、ウェブページのことですよね。

そこには、きちんと商品の紹介が書いてあって、インターネット上で申し込みができたり、直接購入までできるような仕組みがあったとします。

だとしたら、どれだけあなたのウェブサイトに、お客様をつれてくるかが大事なのですね。

 

ナツコ
アクセスを集めるには手っ取り早いのが広告費をかけること!

 

山田君
え〜。なんかテクニックとかそういうのじゃないんですか〜?

 

 

アクセスを集めるには、広告費をかけることです。

山田君のようにテクニックとかそんなん言っている暇があったら、とっとと広告費を出せっていうことです。笑

 

あ、ちなみに広告費って、どのくらいからできるもんだと思っていますか?

もちろん、昔は高くつきました。

でも、今は個人単位でも広告をかけることができますよね。

SNSの広告なんて、1,000円くらいからできますからね。

グーグルアドワーズとか、ヤフーの広告なんかもいいですが、競合が多い場合には広告費が高く付いちゃいます。

なので、あなたの予算がどれくらい出せるか?によって、アクセスをあげられる限度が変わってきます。

 

もちろん、広告を出せばすぐにアクセスが集まるかといえばそうではありません。

広告文(インターネット上にでる広告文章のこと)には、かならず以下の要素を考えて入れてみてください。

 

  1. 誰の
  2. どんな悩みを
  3. どうやって解決するのか

 

この3つのポイントをしっかり広告文に盛り込む必要があります。

例えば・・・・

不眠で夜も眠れず悩んでいるあなたに、自宅でできる簡単ヨガで、心も体もぐっすり!不眠を解消できる方法をお伝えします!

とかですね。

そうすれば、「不眠 解消」と検索したユーザーに対して、上記の文章が出てきたら、クリックされやすくなるというわけです。

 

山田君
なるほど、ターゲットがどんな悩みを探すのか?を踏まえることも大事なんですね!

 

ナツコ
あれもこれも言わないことが広告文の大事なこと!

 

 

このようにして、広告費をかけることで、アクセス数を増やすことができます。

 

成約率を高める方法

 

では、次に成約率を高める方法について!

 

山田君
成約率ってなんですか?

 

ナツコ
成約率とは、サイトに来た人が、実際に商品やサービスを買ったり、問い合わせたりなどのアクションを起こすことを言うんだよ。

 

例えばサイトへのアクセスが1500アクセスあった場合で、商品をクリックしたのが10%の150回だったとします。

そのなかで、実際に購入してもらったのが15件だとすると、1500のアクセスから15件うれたので、成約率は1%となるわけですね。

パッと見て気がついた人もいるかと思いますが。

アクセスを集めるよりも、成約率をあげるほうがコストもかからず、すぐに結果に出てきます。

アクセスを集めるには、広告費がかかりますから、成約率をアップさせることから始めた方がいいといわれているのですね。

 

まぁそもそものアクセス数がない場合は、やはりアクセス数を増やす広告費に費やした方がいいと思いますが。

 

成約率を10%にするなら、まずは商品の価値をしっかりと伝える必要があります。

ここでも、もちろんターゲットの設定をぶれさせてはいけません。

ターゲットに対して、しっかりと商品の持つ価値をつたえることで、「欲しい!」という欲求を掻き立てる必要があるのです。

 

成約率を改善する方法にも色々ありますが。

まずここだけ意識して欲しいというポイントをお伝えします。

1つめはヘッドラインを変えるということ。 そして2つめはオファーを変えるということ。

この2つで、大きく成約率が変わってきます。

 

あとは、テストを繰り返すことで、どのヘッドラインがクリック率が高かったのか、どのオファーの時がクリック率が高かったのか。

そして、実際に購入までいったのはどのコピーだったのか。

これらの数字を計測していくことで、より成約率を高めていくことができます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

インターネットでの売り上げをあげる方法というのは、非常にシンプルですよね。

あなたも今できることから、まずはスタートしてみることをお勧めします。

広告費を少しだけでもいいから、かけてみてください。 もしくは、無料のブログや、SNSを活用して、あなたのサイトにアクセスを集める活動をしてみてください。

きっと、あなたのウェブサイトから申し込みが変わってくることだと思いますよ?

 

それでは今日はこのへんで。

 

●ナツコカンパニーの無料メルマガ
「セールスライター養成塾」の登録はこちらから↓

今すぐ購読する